パーソナルトレーナー求人は未経験の初心者でも採用されることはあるの?

メディカルフィットネスとは

最近ではダイエット、トレーニングといった、美容、健康意識の高まりが顕著になり、パーソナルトレーナー需要が高まり続けています。
将来の職業にパーソナルトレーナーを目指す人も少なくなく、今後もより一層人気の職業になっていくと思われます。

ですが、パーソナルトレーナーの求人募集の状況などはどうなっているのでしょうか?
パーソナルトレーナーになったとしても、働ける場所が無ければ困ってしまいますよね。

求人サイトからフィットネスクラブやパーソナルトレーニングジムなどの求人情報をのぞくと、資格や経験を持っていることが条件のものが一般的かと思いきや、以外にも未経験者でも採用可という求人もそこそこ存在しています。
雇用形態も正社員だけでなく、アルバイト求人もたくさんあり、中にはアルバイトからの社員登用制度がある求人もあります。

パーソナルトレーナー求人はアルバイトもある

大手のパーソナルトレーニングジムではアルバイトから社員登用を行なっていることもあります。
未経験者OKで、研修あり、社員登用制度あり、という求人も探せばあります。

パーソナルトレーニングジムには大きく分けると、テナントやマンションの1室などの小スペースを借りて経営している小規模ジムから、特定のエリア内で複数店舗している中規模ジム、そしてTVCMでも有名の全国展開をしている大手ジムの3種類があります

パーソナルトレーナーのアルバイト求人を出しているのは主に大手ジムです。
中小規模のジムもまれに求人を出している場合はありますが、求人サイトではなく、それは人づてなどの、もっとクローズドな求人の場合がほとんどです。

大手ジムの求人では、アルバイトと正社員の両方を募集しているジムがいくつかあります。
学生アルバイトで経験を積み、勤務態度や成績次第では、社員登用のルートもあります。

パーソナルトレーナー求人で一般的な資格

未経験者でも求人はありますが、やはりパーソナルトレーナー資格を取得していると求人では大きなアドバンテージとなります。
探せる求人も一気に増えるでしょう。

一般的なパーソナルトレーナー資格をいくつかご紹介します。

NESTA-PFT

主催:NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)

NESTAのトレーナー規格で、国際的な認知度も高く、採用の際に優遇されることも多い。
認定試験を受けるには実務経験などさまざまな条件があり、該当しない場合は事前に講座の受講が必要となる。
資格の有効期間は4年間で、更新には講座の受講などで得られる単位が必要。

NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)

主催:特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)

NSCA-CPTは米国NSCAの認定資格で、全米資格認定委員会(NCCA)が承認する国際的な信頼性も高い資格。
米国NSCAの国際支部であるNSCAジャパンが、1995年より日本語でのNSCA-CPT試験を始める。
取得にはトレーニング知識以外にも、解剖生理学、栄養学などの知識や指導スキルが必要となる。
資格の維持には、セミナーなどの受講で得られる継続教育活動単位を、定められた期間内に取得することが必要。

NSCA-CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)

主催:特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)

米国NSCAの認定資格で、全米資格認定委員会の承認を受けており、NSCAジャパンが1999年より日本語での試験を始める。
アスリートやスポーツチームなどを主な指導対象としており、トレーニング指導に関する知識以外にも、施設の管理・運営に関する知識なども問われる。
資格の維持には、セミナーなどの受講で得られる継続教育活動単位を、定められた期間内に取得することが必要。

NSCA-CPTまたはCSCSの資格を取得し、レベルアッププログラム認定の取得など条件を満たしている場合は、実技講習会などで講師を務める認定検定員の試験を受けることが可能。
大手フィットネスクラブなどで活動する場合は、各クラブの公認資格が必要となることもある。

まとめ:パーソナルトレーナー求人は未経験の初心者でも採用されることはあるの?

パーソナルトレーナーは探せばアルバイト求人も見つかります。
特に、まだ学生ならアルバイト求人を探してみるといいかもしれません。

事業主様へ。今すぐ店舗登録と告知は無料。0円で最短5分掲載スタート
店舗登録は無料。今すぐ0円掲載
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧