パーソナルトレーナー資格は独学でも取得できるの?

メディカルフィットネスとは

パーソナルトレーナーの資格は、独学でも取得できるものなのでしょうか?
大学や専門学校、または養成スクールなどの通学をしなくてもできるのでしょうか?

この記事では、独学でパーソナルトレーナーになれるのか、パーソナルトレーナー資格は取得できるのか、独学でのメリットとデメリットをまとめています。

パーソナルトレーナーは独学でもなれる

パーソナルトレーナーには、法律的には必要な資格はありません。
国家試験などもありませんので、パーソナルトレーナーを名乗るのには「私はパーソナルトレーナーです」と自分で言ってしまえば、パーソナルトレーナーを名乗ることもできます。
ただし、それで実際にパーソナルトレーナーとしてのプロの仕事ができるのかと言われれば、それは無理でしょう。

パーソナルトレーナーは、相手(クライアント)と1対1で向き合い、相手の目指す目標を達成するために様々なサポートをするのが仕事です。
例えばダイエットがしたいという人には、その人にあった減量のトレーニングと食事などのプランを教えたり、筋肉を付けたいという人には、筋肉をつけるための食事とトレーニング方法を、それぞれクライアントごとに考える必要があります。
そのためパーソナルトレーナーには、様々な知識と技術、そして経験が必要になります。

クライアントも、無能なパーソナルトレーナーに依頼などしたくありませんから、どのくらい優秀なパーソナルトレーナーかは事前に調べるでしょうし、ろくな資格も持たないパーソナルトレーナーに依頼するとは思えません。
そのため、現役で活躍中のパーソナルトレーナーであれば、何らかの資格を取得しているのが普通です。

パーソナルトレーナーには民間資格がいくつかありますので、まずは資格種類を目指すと良いでしょう。

パーソナルトレーナー資格は独学でも取得できる

パーソナルトレーナーの民間資格で有名なNESTA-PFTとNSCA-CPTがあります。
業界でも非常に認知度の高い資格で、どちらかを取得すればフリーで活動する際にも役立ちます。

ただし、資格取得はパーソナルトレーナーになるための一つの目標になりますが、取得したからといってすぐにパーソナルトレーナーになれるわけではありません。
資格の取得は、あくまでもパーソナルトレーナーの通過点です。

資格取得の独学とスクール通学の違い

独学で資格取得を目指す場合、スクールで学ぶことと何が違うのかを知っておくことも大事です。

実技スキルが身につかない

スクールで学ぶと、マシンやその他トレーニング機器が用意されていて、資格を持つ講師から実技を学ぶことができます。
独学だと、マシンを用意するのが大変ですし、仮にマシンは揃えても、セッション実技と呼ばれるものを経験することができません。

カウンセリングができない

パーソナルトレーナーはマンツーマンでクライアントをカウンセリングして、指導をします。
相手のいない独学では身につきません。

就職支援などのバックアップがない

パーソナルトレーナー養成スクールや学校の中には、資格取得から就職支援まで強力なバックアップ体制ができているところがあります。
独学の場合は、こうしたサポートは受けられません。

1人で学べることには限界がありますので、即戦力のパーソナルトレーナーとして活躍したいのであれば、スクールで学ぶことをおすすめします。

スクールのメリット・デメリット

スクールで学ぶことのメリットとデメリットについても知っておきましょう。

メリット

通いやすい

パーソナルトレーナー養成スクールは、社会人でも通いやすいのが魅力です。
平日だけでなく、土日に開いているスクールもあります。
平日が仕事で通えないという人でも、自分のスケジュールに合わせて学べます。

講師に質問できる環境

独学だとトレーニングで分からないことや課題にぶつかった場合、それを解決するのが困難です。
スクールが少人数制であれば講師に質問しやすく、より疑問を解消しやすい環境が整っています。
資格保有者から教わることができるため、専門性の高い知識や技術を吸収しやすいのもメリットの1つです。

実技・座学どちらも学べる

独学の場合、座学を学べても実技を学習するのは難しいです。
スクールであれば、トレーニングを正しいフォームで行えるか、顧客へどのように対応すれば良いかなどを、経験豊富な講師から教わることができます。
座学でも、経験者のサポートを受けながら学べ、他の受講者と情報を共有することもできます。

就職や資格取得のサポートを受けられる

スクールでのカリキュラム完了後にトレーナーとして活躍できるように、就職や資格取得のサポートもしてもらえます。
スクール卒業後の活動を有利に進められるのが大きなメリットです。
「資格取得率の高さ」や、「就職支援」を行っているスクールで学びましょう。

デメリット

お金がかかる

独学とは違い、受講料が必要です。
スクールにもよりますが、だいたい数十万円単位のお金がかかります。
専門学校のコースの場合、学費が100万円以上かかることも珍しくありません。
金銭的に厳しい場合、分割払いができるのか確認しておきましょう。

学習時間が少ない

独学と比べてスキルを上げやすい反面、スクールでの学習時間には限りがあります。
本当にトレーナーとして活動したいなら、スクールで学ぶだけでなく自主学習も必要です。

まとめ:パーソナルトレーナー資格は独学でも取得できるの?

資格は正しく勉強をすれば、独学で取得可能なものもあります。
ですが、資格取得はゴールではなく、パーソナルトレーナーとしてのスタート地点に立つための手段のひとつに過ぎません。
パーソナルトレーナーとして大事なことは、実力と人柄です。
そのためには、経験を積み、常に研鑽し続けていく必要があります。

事業主様へ。今すぐ店舗登録と告知は無料。0円で最短5分掲載スタート
店舗登録は無料。今すぐ0円掲載
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧