スポーツトレーナーとはどんな仕事?

メディカルフィットネスとは

スポーツトレーナーとは

プロ選手、プロスポーツチームはもちろん、社会人や学生などのスポーツチーム、フィットネスクラブなどの一般利用者から、はたまたリハビリなどの高齢者などまで、老若男女幅広い分野に渡って活躍しています。
スポーツトレーナーにとって、もっとも重要なな仕事は、スポーツ選手が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、トレーニングとコンディショニングをサポートすることです。

健康管理などのケガに対する応急処置や、ケガ後のリハビリテーションまで、選手の身体づくりと能力向上をトータルにサポートする専門家です。
日本では国家試験など特に必須とされる資格はありませんが、栄養面から身体機能、ケガの手当、トレーニングまで幅広い領域の専門知識が必要とされるため、大学や専門学校、養成施設などで必要な知識・技術を学び、アスレティックトレーナーやパーソナルトレーナーなど何らかの資格を取得してプロを目指すというルートが一般的です。

スポーツトレーナーの仕事内容

スポーツの表舞台で第一線で活躍するスポーツ選手たちとは違い、そのスポーツ選手たちが最高の結果を出すためにサポートする裏方メインの存在です。
優秀で華々しい成績を収めているスポーツ選手達には、優秀なスポーツトレーナーが綿密にトレーニング計画を練り、怪我の予防とケアに努めています。

プロ、アマチュア、実業団のスポーツチームなどの選手のコンディションを高めるのが一般的なイメージですが、ほかにも昨今の健康に対する意識の高まりや高齢化社会の影響から、一般向けのフィットネスクラブやスポーツジム、また、病院や学校、福祉施設といった場所でのスポーツトレーナーのニーズも高まっています。
また近年、文部科学省が提唱する施策の中に、地域スポーツ活動や学校体育・部活動の充実、高齢者の健康づくり支援、そしてトップアスリートの育成強化といった、スポーツを充実・強化させるという方針もあり、スポーツトレーナーは今後も需要が高まっていくと思われます。

スポーツトレーナーの仕事先・職場環境

スポーツトレーナーの活躍の場はかなり幅広くあります。
メディカルスタッフ、コンディショニングコーチ、一般のフィットネスクラブなどが主な職場になります。
プロスポーツチームと契約した場合は、医療分野を任されるメディカルスタッフや、選手のトレーニングを管理するコンディショニングコーチとして働きます。

またその担当する選手や所属チームによっては、1人で何役もカバーする必要がある場合もあります。
アスリート選手をケアするので、トレーニングだけでなくリハビリや応急処置など、トレーナーに求められる知識や技術のハードルは高いです。

また企業が運営している社会人チーム(実業団チーム)などで働く場合も、その役割はほとんどプロスポーツチームの現場と変わりません。

ほかには一般のフィットネスクラブや病院、整体院もスポーツトレーナーが働く職場のひとつになります。
一般の人たちが持っている「スポーツトレーナー」のイメージに一番近いのは、これらの現場で働くトレーナーかもしれません。

これらの職場に就職した後に、その就職先からスポーツチームへ派遣されることもあります。

あまり金銭面で余裕のないチームなどは、リーズナブルな費用でトレーナーを送ってくれるフィットネスクラブと契約することが多いです。
チームに掛かる経費を抑えれることから、こういった需要も伸びているようです。

しかしどの現場であれ、スポーツトレーナーは常に選手達が最高のパフォーマンスを発揮する為の、十分なトレーニングと、ケガの予防とケアの知識を持って支えることが役割です。
選手が怪我をしないギリギリのラインを見極めて、トレーニングを指導することがスポーツトレーナーに求められる役割となります。

まとめ:スポーツトレーナーとはどんな仕事?

スポーツトレーナーの仕事は、裏方に徹し、縁の下の力持ちという、一見地味なイメージもあるかもしれませんが、競技をするスポーツ選手たちや、ケガなどから復帰するためのリハビリまで、あらゆる人達をサポートする、大変やりがいのある仕事です。
これからスポーツトレーナーの需要は、日本国内でもますます増加していくでしょう。

事業主様へ。今すぐ店舗登録と告知は無料。0円で最短5分掲載スタート
店舗登録は無料。今すぐ0円掲載
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧