スポーツトレーナーの年収は?平均年収など調べてみました

メディカルフィットネスとは

スポーツ業界に関わる仕事のひとつとして、スポーツトレーナーに関心が高い人も多いと思います。

しかし、いきなり現実的な話になりますが、スポーツトレーナーはいったいどれほどの収入、年収になるのでしょうか?
憧れをいだき、スポーツトレーナーを目指すことは素晴らしいことですが、実際にスポーツトレーナーになってから、どうやって収入を得て、仕事を続けていくのかも大事な問題となります。

そこで、今回はスポーツトレーナーの年収などについてまとめてみました。

スポーツトレーナーの年収はどのくらい?

スポーツトレーナーの平均年収について

スポーツトレーナーの平均年収は570万円程度、平均月収としては35万円~47万円程度になります。(あくまで平均です)

スポーツトレーナーの平均年収の範囲は、およそ300万円~800万円程度になります。
ですが、なかには最大年収が2000万円オーバーのスポーツトレーナーもいます。

スポーツトレーナーと一口にいっても、年齢、実績、取得している資格、所属している組織、勤務形態などにより、働き方のスタイルも千差万別で、それによって大きく年収の差も開きます。

スポーツトレーナーの働き方のスタイルは、ざっくりと4パターンに分別できます。

スポーツトレーナーの所属先による年収の違い

プロスポーツチーム  300万円~1000万円
実業団チーム  200万円~650万円
スポーツジム  300万円~340万円
整体院・整骨院  290万円~500万円

プロ野球、サッカーなど、プロスポーツチームと契約している専属トレーナー
企業が母体の実業団チームのトレーナー
フィットネスクラブやスポーツジムなどのインストラクター(パーソナルトレーナーに近い)
整骨院や整体院などで働いているトレーナー(柔道整復師などの国家資格所有者が多い)

おそらくですが、みなさんが最もイメージしやすいのは、一番上のプロスポーツチームの専属トレーナーでは無いでしょうか?

プロ野球やサッカーのJリーグなど、有名なプロチームには必ず専属のスポーツトレーナーが付いていて、主に選手のフィジカルトレーニングやコンディショニングの指導やサポートを行っています。

プロチームではなくても、全国レベルの実業団チームや、最近では大学や高等学校などのスポーツチームでも、スポーツトレーナーと契約しているところが増えています。

ただし、プロチームとは違ってほとんどのアマチュアのチームは、金銭的にもスポーツトレーナーと契約する余裕がないので、スポーツトレーナーの活躍する場はフィットネスクラブやスポーツジムに所属するなど、限られてきます。

そのため、一口にスポーツトレーナーの年収といっても、かなりの格差が見られるのが現実です。

スポーツトレーナーの年収は技術・信頼と直結する

スポーツトレーナーが収入を上げたい場合の方法は2つ。
「信頼を積み重ねる」ことと「知識と技術を常に磨き続ける」ことです。

具体的には、どのようなことかというと、選手やチームの結果を出し、評価を上げることがまず第一です。
選手やチームの成績が上がれば、スポーツトレーナーの収入も上がりやすくなります。
そのためには、シンプルに選手やチームにいい結果を出してもらうことが一番です。
数字として明確な結果が出れば、信頼も得られますし、

年収を上げるためにはもうひとつ、グローバルで活躍できるようになることです。
アメリカは日本よりもずっとスポーツ業界が進歩していて、スポーツトレーナーにも国家資格が必要であり、スポーツトレーナーの地位が確立しています。
学生相手のスポーツトレーナーでも、アメリカでは年収400万円以上など、しっかりした収入が見込めるほどです。
アメリカの大学を卒業することで得られる『NATA-ACT』というトレーナー系の国家資格は、アメリカでスポーツトレーナーとして働くために必須の資格なのです。

海外での勉強と専門的知識が要求されるこの資格を取得することは、非常に難易度の高いハードルです。
スポーツの知識以外に、英語なども出来なければならないからです。
だからこそ、NATAの資格はキャリアアップには、非常に有効な武器になります。

そして、スポーツトレーナーの年収を上げるためには、ある意味これが最も大きいかもしれませんが、コネクションを持つことです。
元も子もない話に聞こえるかもしれませんが、コネはとても重要です。
スポーツトレーナーにとって、最初の第一歩である「チームや実業団のトレーナーになる」ことこそが最難関のハードルだからです。

これはスポーツトレーナーに限らず、より専門性の高い職業の人材募集は基本的に「人からの紹介」で働き口が見つかるということが珍しくありません。
現時点でトレーナー職に就いたことがない方は勉強と並行して、セミナーや講演会、オフ会など、業界の人に会えるチャンスがあれば、積極的にイベントにも参加していきましょう。

まとめ:スポーツトレーナーの年収はどのくらい?

スポーツトレーナーの年収は、ある程度のラインを超えると、「人脈」「実力」「信頼」といった要素が、どれも必要不可欠になっていきます。
一流のスポーツトレーナーになる為にはより多くのチーム、スポーツ選手や患者さんに現場で直接触れて、あらゆる経験を積んでいく努力が必要となります。
それを怠れば、どんな働き方をしても収入は増えずに、スポーツトレーナーとして活躍できなくなるでしょう。
しっかりと自分に合った資格やスキルを得て、自分に合った働き方が出来るよう、まずは考えてみてください。

事業主様へ。今すぐ店舗登録と告知は無料。0円で最短5分掲載スタート
店舗登録は無料。今すぐ0円掲載
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧