スポーツトレーナーになるにはどんな高校に行けばいい?高卒でもなれるの?

メディカルフィットネスとは

将来スポーツトレーナーになりたいのであれば、早いうちから勉強するに越したことはありません。
学ぶのに最適な場所といえば学校ですが、スポーツトレーナーになるには高校選びは重要なのでしょうか?

スポーツトレーナーになるにはどんな高校に行けばいい?

結論から申し上げると、スポーツトレーナーになるには高校はそこまで重要視する必要はありません。

もちろん全国の高校の中には、スポーツ科学など将来スポーツトレーナーとして働きたい場合に役に立つカリキュラムに力を入れているところなどもありますが、どちらかといえば大学や専門学校で学ぶことになるものです。
日本ではスポーツトレーナーになるために持っていると便利な資格はあっても、持っていないとスポーツトレーナーになれないという資格はありません。

スポーツトレーナーは現場での経験や、選手など周囲とのコミュニケーション能力など、信頼関係を築くことがとても重要になっていきます。
そういった意味でも、スポーツトレーナーになるには、一般教養などを高校までにしっかりと勉強しておくことが大切だと思います。

スポーツトレーナーに学歴は必要?中卒・高卒でもなれる?

スポーツトレーナーに学歴は関係ありません。
日本ではスポーツトレーナーになるために、法律的には必要な資格もありませんので、本当に実力さえあれば中卒だろうと高卒だろうと、スポーツトレーナーになることは可能です。

とは言っても、実際のところはスポーツトレーナーはアスリートに対して怪我の応急処置やリハビリなど、様々で高度な専門知識と技術が必要不可欠になっています。
これらの知識や技術は、資格を取得していないと対処することができない場合が多く、さらに取得するためには、大学や専門学校で学ばないと取得できないものが多くあります。
長い目線で捉えて、スポーツトレーナーとしての能力・実績を積み重ねるつもりならば、大学や専門学校で学ぶ必要があるのも事実です。

高卒・中卒ですでに社会人の人がこれからできることは?

なお現在働いている方でも、学歴が問われない資格を取得するなどして、スポーツトレーナーになる道も一応あります。
しかし、これまでスポーツ業界に携わったことがないのなら、その道はとても困難が多いことも自覚しておきましょう。

スポーツトレーナーとして独学で知識をつけることができても、スポーツ業界やトレーナー界隈のコネクションがなければ、スポーツトレーナーの募集そのものを見つけることが難しく、働くことができません。

スポーツトレーナーとしての勉強は今すぐにでも始められます。
まずは不足している知識を補いつつ、積極的にセミナーなどの交流会や、スポーツのイベントに参加して、様々な人達とのつながりを作ることが大事です。

まとめ:スポーツトレーナーになるにはどんな高校に行けばいい?高卒でもなれるの?

スポーツトレーナーになるには明確なルートが決まっているわけではありません。
しかし、体についての専門家という役割上、たくさんの知識、技術を学び続けていく必要があります。

学歴は関係なく中卒でも高卒でもスポーツトレーナーを目指すことはできますが、まだ高校生以下の方は大学や専門学校を見据えて進路を考えましょう。
社会人の場合には、今できる勉強やセミナーなどに積極的に参加することがおすすめです。

事業主様へ。今すぐ店舗登録と告知は無料。0円で最短5分掲載スタート
店舗登録は無料。今すぐ0円掲載
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧