スポーツトレーナーとは何か?スポーツインストラクターとは違うの?

メディカルフィットネスとは

スポーツトレーナーとは何か?

スポーツトレーナーとは、プロ、アマチュア問わず、スポーツ選手やスポーツチームに対して、トレーニング指導やマッサージなどの体のケア、及び怪我の予防や応急処置、リハビリなどのあらゆる面から、スポーツ選手たちをサポートする職業です。
スポーツ選手だけに限らず、フィットネスクラブやスポーツジムなどで一般の方に指導したり、整体・整骨院など医療機関で、怪我人や高齢者などのリハビリをサポートする場合などもあります。
スポーツトレーナーはアメリカでは国家資格となっていて、日本よりもハイレベルな世界になっています。
日本ではスポーツトレーナーの国家資格はありませんが、民間資格がいくつかあります。
今後、スポーツトレーナーの需要は日本でもどんどん高まっていくことが予想されます。

スポーツトレーナーはインストラクターとは違う?

「スポーツトレーナー」と聞くと、どんなイメージでしょうか。
「スポーツインストラクター」という言葉は聞いたことが多いと思いますが、イメージが混同していませんか?
この2つの仕事は、実は全然違います。

どちらも「スポーツに関わる人のサポートをする」という点では同じでも、具体的な役割はそれぞれ大きく異なっています。

スポーツトレーナーとはどんな仕事?

 

スポーツトレーナーの仕事は、スポーツ選手が常に最高のコンディションでパフォーマンスを披露できるように、選手の身体づくりとスキルアップをサポートするプロフェッショナルです。
相手の健康や体調の管理、試合で最大限の能力を発揮するためのトレーニングメニューの作成や指導を行うのが主な仕事ですが、日頃の栄養指導やメンタルケア、試合中のケガに対する応急処置、リハビリなど幅広い場面でのサポートが求められます。
相手の年齢や体力、目的などに応じて科学的根拠に基づいた運動メニューを作成したり、運動方法を指導したりするのが主な仕事で、健康維持、ダイエットといったその人の目的を達成するためのサポートを行います。

応急処置などは医療系の国家資格が必要になってくるため、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、理学療法士などの資格を取得している人が多いです。
働き先はプロスポーツ選手やチームだけでなく、学生や実業団チームなどのアマチュアチーム、フィットネスクラブやスポーツジムなどの民間会社など様々です。

スポーツインストラクターとはどんな仕事?

スポーツインストラクターは、そのスポーツの分野における技術指導や知識面での指導を行う専門家のことです。
例えばサッカーのスポーツインストラクターの場合、サッカーのルールや技術を教えるのがスポーツインストラクターの仕事です。
ほとんどの場合、スポーツインストラクターも一緒にプレーしながら、そのスポーツを指導をするため、基本的に相手よりも高い運動能力が求められます。

スポーツトレーナーのようにトレーニングメニューを指導したり、健康をサポートしたり、リハビリをしたりすることはありません。
そのためスポーツトレーナーがインストラクターの仕事を兼任することは可能ですが、インストラクターがトレーナーの仕事を兼任することは難しいです。
フィットネスクラブやスポーツジムなどが主な働き先となります。

まとめ:スポーツトレーナーとは何か?

スポーツトレーナーもスポーツインストラクターも、どちらもスポーツする人を支えるサポート役メインの職業ですが、スポーツトレーナーは様々な面で、人間の体をサポートする必要があります。
将来スポーツ業界で働きたい場合は、まずはスポーツトレーナーとスポーツインストラクター、どちらを目指しているのかを明確にしておきましょう。

事業主様へ。今すぐ店舗登録と告知は無料。0円で最短5分掲載スタート
店舗登録は無料。今すぐ0円掲載
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧